集客力のあるパンフレットの内容

menu

集客力のあるパンフレットの内容

HOME » 制作依頼について » 集客力のあるパンフレットの内容

・パンフレットの内容はどうする?
パンフレットを配る目的のひとつに「集客」を狙ったものがあります。
パンフレットは、2段階目の集客ツールになります。
1段階目の集客は、新規のお客さんに認知してもらうためのチラシ広告戦略です。
パンフレットは、その次の段階になります。
手に取ってもらえるようになると、その人は「見込み客」ということになるため、営業戦略上、欠かせないアイテムのひとつとなります。

・キャッチコピーにも力を入れる
キャッチコピーは、デザインだけでは伝えきれない情報を、パンフレットを手にした人に伝える役割があります。
興味や関心をより深く持ち、パンフレットに記載してある商品やサービスの説明文を読んでもらうための工夫が必要です。
キャッチコピーは、デザインと同じく重要な部分になりますので、十分に考えた上で導入しなければなりません。

・パンフレットは人に「読む」という行動を起こさせる
インターネット上のWEBサイトは、「見る」行動になりますが、パンフレットは「読む」行動になります。
どちらかと言うとパンフレットの方が自発的な行動に近いので、内容を読んでくれた人は、多少なりとも会社の商品やサービスに興味をもってくれた人です。
その人のためにパンフレットの中身は、具体的な内容を含んでいなければなりません。

・パンフレットで会社のブランド力を高める
パンフレットを配ることで、会社の知名度が拡散されていく効果があります。
集客目的だけではなく、会社の商品を紹介して、世間への認知度を高めていきます。
ただし、パンフレットは局地的に配布するものなので、WEBほどは拡散力はありません。
ですが、紙媒体が持つ信頼度が会社のブランド力を高めるのに一役買ってくれます。
そのため、パンフレットに採用するデザインは、高品質でしっかりしたものを選ばなければなりません。

・見る人のハードルを下げるデザイン
デザインが堅苦しいと、そのパンフレットを見ても共感が呼べないかもしれません。
そのため、できるだけ見る人のハードルを下げるための工夫が必要となります。
例えば、画像だけではなくイラストも使って親近感の持てるデザインにしたり、POPでおしゃれなデザインを採用したりと、デザインに苦労をすることでパンフレットの中身を読んでもらいやすくなります。
パンフレットは、表紙も中身も集客をするための重要なパーツの一部です。
できるだけ反響が起こりやすいように、パンフレット制作のセオリーを守りながらデザインを考えていくと良いでしょう。