パンフレットデザイン集客のコツ

menu

パンフレットデザイン集客のコツ

HOME » 制作依頼について » パンフレットデザイン集客のコツ

・人を集めるパンフレットデザイン制作のコツ
パンフレットデザインを使って集客するためには、どのようなコツがあるのでしょうか?
パンフレットに描かれたデザインは、単純に見栄えの良いものではなく、人の心をつかむ何かしらの「仕掛け」がしてあります。
今回はその「仕掛け」について、詳しく説明したいと思います。

・ターゲットを具体的に絞る
パンフレットをデザインする上で、最もしっかりと考えなければならないことは、ターゲットを具体的に絞るということです。
ターゲットがぼやけていると、デザインやキャッチコピーに盛り込む訴求ポイントもぶれてしまいます。
そうならないようにするために、まずは、どのようなお客さんに向けた内容のパンフレットなのかを、今一度見直してみることが肝心です。
ターゲットを絞る際には、仮想の人物像「ペルソナ」を設定していきます。

・心を揺るがすデザイン
パンフレットの表紙を一目見て感情が動いたら、そのパンフレットを手に取り、読む動機になります。
つまりパンフレットのチラシには、それぐらいのインパクトのあるデザインを使わなければならないということです。
公共機関のパンフレットにあるような、インパクトの少ないデザインでは、誰も見向きもしません。
どのようなパンフレットが人にインパクトを与えるのかについては、インターネットで参考例を検索して、調べてみると良いでしょう。

・パンフレットの中に盛り込むべき情報
表紙がインパクトを与える部分であるなら、パンフレットの中身は、こちらが伝えたい情報を具体的に記載してある必要があります。
パンフレットの中身については、表紙とは違い、おとなしいデザインにあえて抑えて、文字を際立たせるようにするのがセオリーです。
これが仮に表示と同じように、中身も動的なデザインになっていると、肝心の伝えたい情報が相手に伝わらないまま、そのパンフレットは閉じられてしまうでしょう。
パンフレットの構成は、非常に重要なポイントだといえるのです。

・テンプレートデザインでイメージを下書きする
インターネット上からダウンロードできるテンプレートデザインは、簡単に素材を配置してパンフレットデザインを制作することができますが、実際に集客で使えるクオリティが担保できるかどうかといえば難しいです。
ですが、機能は大変便利ですので、そういったアプリを使って、デザインのイメージを下書きします。
制作会社に依頼する時でも、イメージサンプルとして渡せば、希望するデザインのイメージがすぐに伝わるのでとても重宝します。