パンフレットデザインの参考例

menu

パンフレットデザインの参考例

HOME » 制作依頼について » パンフレットデザインの参考例

・他社のパンフレットデザインを参考にする
ブランディング効果の高いパンフレットデザインを制作するためには、参考例をたくさんチェックすることが大事です。
参考例を見るためには、インターネット上にアップされている情報を集めていけば、ある程度の資料が見つかります。
参考例を見ながら、デザインやキャッチコピーのどのポイントが集客効果を上げているのか?について、具体的に考えていく必要があります。

・上手なデザインは素材の配置が上手い
パンフレットデザインで集客やブランディングに成功したケースでは、コンセプトが明確になっていて、相手に伝えたい情報がしっかりと伝わる内容のものが多かったです。
コンセプトというのは、ターゲットに対して、そのパンフレットはどのような情報を届けようとしているのか?ということ。
ここがはっきりしているパンフレットデザインやキャッチコピーには、お客さんの反響がたくさんあります。
ブランディングにおいても、コンセプトがはっきりしているパンフレットが優れています。
手に取った人が内容を読んでくれますので、会社のサービスや商品が頭に入りやすいのです。

・「掴み」が上手なデザインが成功している
表紙のインパクトで、手に取ってもらえるのか?
とにかく、自発的に読まれるパンフレットは、デザインを使って興味関心を持ってもらえるかが重要となります。
そのためには、多少なりとも奇抜かつ意外性のあるデザインを採用することが必要になるでしょう。

・WEBパンフレットと紙パンフレットの違い
パンフレットには、スマホやパソコンで閲覧できるWEBパンフレットもあります。
WEBは印刷コストがかからないため、安く発行することができるのですが、紙のパンフレットと比べて、存在感が少ないのが弱点です。
WEB上に掲載されている情報は、見て捨てられる情報という意識が強いからでしょうか、記憶に残りにくいという欠点があります。

・制作会社にデザインを依頼をすれば集客効果が期待できる
集客効果の高いデザインパンフレットが欲しい時は、やはり専門の業者に依頼をした方が確実です。
専門業者に相談をしたらサンプルをもらいますので、そちらを参考に依頼をする業者を選ぶといいでしょう。
基本的な流れは、取材、企画、デザイン下書き、デザイン制作仕上げを打ち合わせを挟みながら進めていくことになるかと思われます。
大切な集客を左右するものですので、こちらの要望をしっかりと業者の方に伝えるようにしましょう。