パンフレットの「かっこいい参考例」

menu

パンフレットの「かっこいい参考例」

HOME » 制作依頼について » パンフレットの「かっこいい参考例」

・パンフレットをかっこいいものに!参考例をチェックしよう!
企業や団体が発行しているパンフレットの中には、かっこいいデザインのものがあり、それらはパンフレットデザインを制作する時の参考例になります。
ただ、「かっこいい」と一言でいっても各々の主観という一面が強いため、一概にどんなデザインがいいのかというのを説明するのが難しいのですが、「かっこいい」と印象づけるためのセオリーはあります。
そのセオリーとは一体何なのでしょうか?

・デザインを考える前に市場リサーチを行う
世間の人がかっこいいと思うデザインは、世間の人から教えてもらうのが一番の近道です。
例えば過去に集客に成功したパンフレットのデザインを、インターネットで調べてみたり、パンフレットだけではなく、他の媒体でよく使われているデザインなども参考にすること。
デザインに関する情報を徹底的にリサーチして、市場がどのようなデザインのパンフレットに興味を示すのかを知っておくことが重要となります。

・訴求効果の高いデザインパターンを知る
かっこいいと感じるデザインには、パターンというものが存在します。
非常に抽象的な表現になるのですが、そういったパターンを持ったパンフレットを集めてきて研究していけば、自ずとどのようなデザインが、集客に効果的なのかが分かってくるようになるでしょう。
ただしデザインには流行り廃りがありますので、できるだけ最近の流行の情報を集めてきた方が確実です。

・キャッチコピーを上手に組み合わせる
イラストや画像と組み合わせることで、よりパンフレットをかっこよく見せるのがキャッチコピーです。
キャッチコピーは単なる文字なのですが、 その短い言葉の中に、パンフレットの中身の伝えたい「テーマ」が全て詰まっています。
キャッチコピーは、コピーライターに依頼すれば考えてもらうことが出来るのですが、自社で考える場合は、まずは、パンフレットで伝えたいことを箇条書きにしていき、不要な情報を削って段々と言葉をシャープにしていきます。
刺さるキャッチコピーは、その文字だけで人の好奇心をくすぐります。

・デザインの余白をコントロールする
デザインの余白を上手にコントロールすることで、パンフレットの見栄えが随分と変わってきます。
余白を多く取り過ぎても伝える情報が不足していきますし、余白を少なくしてギチギチに情報を詰めこんでしまうと、逆にほとんどの情報が伝わりません。
ちょうどよい状態を、色々なデザインサンプルを参考に決めていく必要があります。